2014/6/25

そんな人って本当にいるの?!単発バイトの体験談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイトには在宅でできるものから、泊まり込みのものまで、たくさんの種類があります。
拘束時間についても、多種多様。
今回は、その中の単発バイトについての体験談をご紹介します。

アルバイトにもやっぱりいた!!お局様。

勤続年数が長く、年齢も上の方になると、女性社員の中には進化してしまう人がいます。
それが、「お局様」。
お局様は、一般的には若い女性社員を標的にするイメージですが、アルバイトではどうなのでしょう。

「カジュアルフレンチで、イベントのお手伝い的な単発バイトをした時のことです。
白いシャツに、黒いエプロンの素敵な男性が多い中、お局様が一人混ざっていました。
なんでも、バツイチの方だということで、私は結婚しているので最初から目を付けられたみたいです。

お皿をひとつ運ぶ度に、お小言をいただいたり、「そんな少ししか持てないの!?」と嫌味を言われたりしました。
最初は、「すみません」と言ってたんですが、だんだん面倒くさくなってきました。

そのうちにお局様が「ほら見なさい!」とお冷のグラスを片手に6個持って行った時、やっぱりいくらなんでも無理だったのでしょう。
お客様のテーブルに派手にひっくり返したのです。
その時は、お客様には申し訳ないですが、本当に気分爽快でした。(32歳・主婦)」

アルバイトのお局様も、とにかく粘着質にお小言が多いようです。
もちろん、仕事中にお小言を言っているところは、社員には見せないようにするとのこと。

どの世界にも、やはりお局様は生息しているようです。

中には風変わりな人も!?

単発のバイトには、ちょっと変わった人も多いという噂を聞きます。
中でも、かなり風変わりなエピソードがあったようです。

「単発バイトでしたが、3日連続のアルバイトに行きました。
ある大手企業の、新入社員のためのパソコンをインストールするという作業でした。
僕は、昔プログラマーの経験がありましたので、「まあできるだろう」と思って参加しました。

メンバーは自分を含めて3人。
1人は、パソコンなんてほとんど触ったこともないという20代前半の男性。
もう1人は、インストールって何?というレベルの30代半ばの男性。
なんと、インストール作業がなんなのか理解しているのは、僕だけ。

仕方ないので、自分主導でどんどんインストールしていきました。
ほとんど他の2人は見てるだけです。

30代半ばの男性は、某夢の国の映画の悪役側のイケメンを実写化したみたいな人で、挙動がとにかく大げさ。
突然、「君は、ピアノは弾くかな?」と、ピアノを弾くしぐさをしたり、「そのインストールの知識は一体どこで得たものなのかな?」と、すごい近さから流し目で聞いて来たりしました。

20代前半の男性は、「ちょっと働いてお金を貯めたら、海外を飛び回るという生活をしている。」とのことで、何となく日本人離れした感じ。
結局、インストール作業は1日で終わってしまい、残りの2日間は倉庫整理をしましたが、世の中には色々な人がいるんだなあと思いました。(30代・男性)」

このように、条件を満たさない人がアルバイトに来てしまうケースもあるようです。
報酬が高いバイトであればあるほど、ダメ元でやってくる人がいるとか・・・。

イベントコンパニオンのアルバイトって?

単発バイトの中でも、一番華やかなイメージのイベントのアルバイト。
実際、どんなアルバイトがあるのでしょうか。

「文房具系の大きなイベントのコンパニオンをやりました。
2時間おきに1時間の休憩があります。

お客さまが来て、ちょっと盛り上がるとすぐに担当の時間が終わってしまって、本当に短く感じました。
逆に、知り合いのいない1時間の休憩時間の方が長く感じました。
暇だったので、イベントをグルグル回って、お買い得な文房具を買ったり、サンプルをたくさんゲットしました。

1人だけちょっと変わったお客様がきて、「写真いいですか?」と聞かれましたが、それは社員の方が代わってくれました。
特に露出の多いコンパニオンでもなかったので、ちょっとびっくりしました。

それ以外は、本当に楽ちんでお客さんが途絶えた時に、色々作って遊んだりしました。
実労働時間は休憩が長いので、すごく短いのですが、日給が1万5千円ぐらいもらえて、本当にお得なアルバイトだと思いました。
(20代・女性)」

コンパニオンの女性が、常に笑顔なイメージだったのにはそういうわけがあったようです。
こまめに長く休憩をはさむことで、疲れずにずっとにこやかにしていられるのでしょう。
休憩時間を持て余したということでしたが、意外と楽なお仕事のようです。

単発バイトの体験談、いかがだったでしょうか?
どのアルバイトも共通して言えることは、「高時給である」ということでした。
仕事内容も、意外と楽だったという声が多く、かなりお得なアルバイトだと言えるのではないでしょうか。
他には、「普段やれないことを経験できた」という声もあり、単発のバイトを色々と体験して視野を広げることも、社会勉強になるかもしれません。