2014/7/11

ウザい発言のオンパレード!夏のバカンスに口出しする「ダメ先輩」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ夏も本格的になり、夏の休暇をとる方もチラホラと出てきているのではないでしょうか。「夏休みにどこに行くか」なんて話題も、オフィス内で弾んでいるのでは?
しかしそんな場合に、いろいろと口出しをしてくる先輩っていますよね。行き先や、旅行プランにケチをつけてくる、ウザいタイプの先輩が……。
そんな夏のバカンスにまつわる先輩のウザい発言を、3つのタイプに分けてリサーチしてみました!

「私の方が上!」と主張するウザさ

・「『バリに行くんです』って言ったら、『私も行ったことあるけどつまんなかったよ』と先輩に言われてしまった。これから行くのに、そんなこと言われるのはイヤ」(26歳・金融)

・「旅行好きの先輩は、後輩たちの旅先をチェックする度に、『そこなら、私なんてもう○回は行ったよ』と回数自慢をしてくるので超ウザい」(25歳・流通)

これは何事においても、後輩より上に立たなければ納得しないタイプの先輩のようですね。
「誰もお前の自慢なんて聞いてないよ!」とツッコミたいところですが……ガマン、ガマン。「へぇー」「そうですか」などと、相づちでウザさを緩和しましょう。

分析の中に自慢をぶっ込むウザさ

・「『もしかしてLCC使うの?』『ホテルにはいくら使うつもり?』などと、旅行のお金にまつわることを細かく訊いてくる」(24歳・IT系)

・「『到着の空港がそこじゃあ不便だよ』『トランジットは○○空港ならツラい』などと、お前は空港オタクか!ってくらいに、空港にダメ出ししてくる」(27歳・保険)

旅行の詳細を分析し、細かくチェックを入れるウザい先輩ですね。しかもこのウザさには、「私は旅行について詳しい」という自慢も混じっているので、ウザさも倍増!
こういった先輩には、「すごーい!詳しいですね!」と適当にあしらっておきましょう。

「お前のことはどうでもいい!」というウザさ

・「私がハワイに行くと行ったら、『ハワイなら、私だったら買い物をメインにするけどね~』と要らないアドバイスを始める先輩。私はマウナケアに登るつもりなのに……」(25歳・メーカー)

・「沖縄に行く話をしたとき、『私が行ったときは、イケメンのインストラクターとね……』と聞きたくもない思い出話を聞かされた」(26歳・商社)

アドバイスや思い出話など、こちらが訊いてもいないのに勝手に話し出す先輩は多いのでは?こんな先輩には、話を聞いているフリをして、さっさと話題を変えてしまうのが一番!話が長くなる前に対処しちゃいましょう!

今回ご紹介したような先輩の発言は、「あるある!」と頷きたくなるものばかりでしたね。しかし、あなた自身も後輩にこんなことを言ってしまってはいませんか?これを機会に、自分がウザい発言をしていないかチェックしておきましょうね!
そして後輩のバカンスに関しては、「いいね!」「楽しんできてね!」と大人の態度で見送れるようにしておきましょう!