2014/8/1

ビジネスメールで相手が顔文字を使ってきたら?「(^-^)はOK(*´艸`*)はNG」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスメールで顔文字を使うのは当たり前のご法度行為。
でも、相手先から顔文字を使ってきたら?マナーを通して無視するのが正解なのでしょうか。

不快感を与えずにデキる女と思わせるなら、ポイントを掴んで上手に顔文字を使うのもアリ!
「世間知らず」と思わせずに、しっかりデキる女アピールをしつつ対応していきましょう。

●意外に多い?ご法度のはずが…「ビジネスメールで顔文字」

ビジネスメールで顔文字を使うのは「こんにちわ」レベルですよね。
LINEやメールで顔文字を使う人だって、ビジネスメールではきちんと使い分けていることと思います。

とは言え、意外にクライアントや取引企業からのメールで顔文字を使ってくる人が多いという現実。

●お世話になっております(^^)
●ぜひ、よろしくお願い致します(^0^)ノ
●あれからすぐ資料作りが始まりました(^^;)ヘ

顔も知った長い付き合いで、世間話も盛り上がるような間柄ならわかりますが、メールだけの付き合いや、まだ日が浅い相手の場合はどう対応していいのかが難しいところ。

「変に無視してノリが悪いと思われても困る」「いざこっちが使ったら世間知らずと思われるかも」
なんて、返信も顔文字を使うべきか否か頭を抱えてしまいます。

●追伸で顔文字を使おう!「メリハリつけてマナーを強調」

しかし、やはりデキる女ならフィンガーボールよろしく相手に合わせるのが筋!
上手にビジネスマナーとの「メリハリをつけて顔文字を使う」のがポイントとなってきます。

●(追伸)や —— などを使って私信アピールする
●相手の顔文字が書かれた一文を引用して返信する

といった、区切りをつけてあげて自分も返信をするのがオススメです。

——–
>あれからすぐ資料作りが始まりました(^^;)ヘ

早々に取り入れて頂いて恐縮でございます(>_<)
良い結果が出ることを願っております!
——–

これなら相手のトーンを汲み取りながら、失礼のない顔文字の使い方となってきます。
少し砕けた印象になりますが、敬語や丁寧語を組み合わせることでバランスを調整していきましょう。

●軽いタッチの顔文字を使う「(^-^)はOK(*´艸`*)はNG」

また、ふざけたイメージを与えてしまわないために「使う顔文字の種類」も大切です。

(*^_^*)(*´艸`*)(´;ω;`)といった、ちょっと複雑なのは避けた方がベター。
理不尽に感じるかもしれませんが、全力で答えた結果「調子に乗るな」と相手に思われてしまうことも…。
シンプルで簡単な顔文字をチョイスするのがオススメです。

そして、基本的には顔文字の使用頻度は相手に合わせるのがベターですが、もし3個以上相手が使っているようなら、こちらは1,2個程度で抑える方が良いでしょう。

あくまでも「相手が使っているので、合わせるのもマナーですよね」というアプローチが重要です。

●世間知らずで終わらせない「顔文字の使い方」がデキる女のカギ!

ビジネスメールで顔文字を使わないのは当然だからこそ、相手が顔文字を使ってきたときには、デキる女の真の価値をアピールするチャンスの場…なんてことも!
一歩進んだビジネスマナーとして覚えておいて損はナシですよ。