夏バテよりも要注意!「秋バテ」の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sg140905_03

9月に入り、暑さも一段落となりましたね。なのに、何だか夏以上に疲れを感じている人はいませんか?それは「秋バテ」と呼ばれる症状かもしれませんよ!
涼しくなった頃にやってくる「秋バテ」は、オフィスで働く女性にとっては辛くて、やっかいなものなんです。そんな「秋バテ」の症状と、その対処方法をご紹介します!

「秋バテ」って?

急に涼しくなることで、夏の暑さに慣れた体がうまく涼しさに対応できない状態のときに起こります。
暑い夏には、汗をかいて、体の温度を調整しようとしますよね。そんなとき、体は熱を外部に放出するモードになっています。その「熱放出モード」のままで急な涼しさがやってくると、体の熱を保ちにくくなり、体調を崩してしまうことが起こるのです。
体が涼しさに慣れないそんな状態で起こる症状が、「秋バテ」と呼ばれているのです。

どんな症状があるの?

秋バテの症状は、体のダルさや食欲不振など、夏バテによく似ています。しかし、最大の特徴は「ボーッとする」ことなんです!
夏の間は元気だったのに、秋になったとたん、仕事中に集中力がなくなった……という人は、秋バテを疑った方がいいかもしれませんよ。

じゃあ、どうすればいいの?

秋バテを解消するには、体に「もう季節は秋になったよ!」と教えてあげる必要があります。体調のモードを夏から秋に切り替えるために、次の点に気をつけてみましょう!

①あたたかい飲み物を飲もう!

夏の間、冷たいものを飲んだ胃腸は冷え切っているものです。そこで秋を知らせるためにも、あたたかい飲み物を飲むようにしましょう。

②入浴時間&睡眠時間をたっぷりと!

季節の変わり目は、ホルモンバランスも崩れがちです。それを整えるには、入浴と睡眠が欠かせません。この2つには、たっぷりと時間をとるようにしましょうね。

③旬のものを食べよう!

おいしい果物や野菜など、秋が旬のものを食べるようにしましょう。食べ物のパワーは絶大で、体に秋が来たことを伝えてくれるのです。

涼しくなると、過ごしやすくはなるものの、夏の疲れも出やすくなり、秋バテが進んでしまうものです。そんなときこそ、いつもより体のメンテナンスに時間をかけて、しっかりと体を秋のモードにチェンジさせましょうね!