2014/2/4

英王室「家事手伝い」募集「王室メイド」になりたがる日本人続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英王室が1月27日、王室一家の「家事手伝い」の求人募集をかけたことをAFP通信が報じ、日本でも話題となっている。

AFP通信によると、業務はエリザベス女王が住むロンドンのバッキンガム宮殿で、王室一家の入浴の手伝い、お茶や朝食の準備、宝飾品の手入れ、ドライクリーニングの手配などとのこと。質の高い清掃や、招待客のお世話なども求められるという。週40時間の勤務で1年契約。報酬は1万4400ポンド(約245万円)で、食事と住居は提供される。

採用されれば、王室のための本物のメイドになれることから、日本のツイッターでは大盛り上がり。「凄く興味があります」「立候補しようかな」「可愛いメイド服を着て、お掃除してみたい~!!」「本物のメイドになれる!!」などのコメントが書き込まれているが、「英語ペラペラだったら今頃旅立ってたかも知れない…」「英語が不自由なく喋れれば、行きたい」「英語が喋れたら応募したのに…残念」と英語を理由に断念する人も少なくないようだ。

ちなみに王室の公式サイト「The British Monarchy」で募集を行っており、応募は2014年2月9日までとのこと。

Housekeeping Assistant(The British Monarchy)