こんなオンナは嫌だ!男に好かれないオンナの傾向【オフィス編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男という生き物は、思っている以上に女のことをよく見ているものであります。こんなところまで!?というとこまで凝視している。今回はオフィスでの女のどんな仕草に男は幻滅するのか、完全なる男目線から紹介しましょう。

ぶつぶつ文句を言いながら仕事をしてる

周りにいませんか? ぶつぶつと文句を言いながら、すごーく嫌そうな顔で仕事をしている女。こういう女は、男からの印象は最悪です。

やはり男からしても、仕事のできる女はかっこいいし、惹かれます。また、仕事ができなくても、一生懸命仕事をしている健気な女の子には、「ああ、この子は俺が守ってあげたいな」と思うものです。

しかし、しかしですよ、ただただ文句を言いながらやる気もなく仕事をしている女には、なんの美しさも感じない。醜い、実に醜い生物だと映るでしょう。

たとえ仕事が嫌でも、文句を言いたい気持ちになっても、オフィスではグッとこらえて、一生懸命さを演出しましょう。愚痴や文句などは、お得意の女子会でいくらでもぶちまければいいのです。

投げっぱなしジャーマンをしてくる

上司の女に特に多いのですが、とにかく無茶な仕事を丸投げしてくる女はNGです。投げっぱなしした後のフォローもまったくない。この手のタイプは、部下の男にだけ不評かと思いきや、部下の不満は他の上司のもとへと届けられ、同僚や先輩の男からの視線もやがて変わっていくでしょう。

結果的に丸投げするにせよ、「わからないから助けて!」的なオトメフェロモン全開の頼み方をするなり、投げたあとのフォローやアドバイスをしっかりすれば、逆に高評価につながるので、投げるときは、上手に投げっぱなしましょう。

よく見ると微妙に鼻毛が出てる

もはや、ただの見た目の問題ですが、ほんのちょこっとだけ鼻毛が顔を出している女というのは、確かに存在するのです。決して、カッパやネッシーのような幻の存在ではありません。

ほんの1ミクロンだけでも飛び出した鼻毛を目撃された日には、その男の中でのあなたの印象は鼻毛女です。それどころか、男同士の飲み会の席でも共有されて、社員全員から鼻毛女だと思われること請け合いです。本当にありがとうございました。

常にマウスを持ち歩いている

はじめに、仕事のできる女は魅力的だと申し上げましたが、それに拍車がかかり、仕事が大好きすぎて、どこに行くにもマウスを持ち歩くような女もNGです。

確かにマウスは便利です。ランチで定食屋に行った時も、ちょっと遠くの醤油差しを取りたいときに、マウスの有線部分を輪投げの要領でひょいっとひっかければ、座ったまま手繰り寄せることもできますし、反抗的な部下には、マウスの先っぽのUSB端子の部分をペシペシと当てれば、地味に痛いです。

しかし、いくら便利だからといって、常にマウスを右手に装備している女は嫌です。なので、普段はなるべくポケットにでも放り込んでおいてくださいね。

(文=コラムニスト・二刀流)