バイリンガルを目指したい!英語の難しい所とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中にはたくさんの言語が存在します。
色々な国にその国の言語があり、聞くだけで楽しくなる人も多いはずですが、理解するのはとても苦労のいることです。
しかし、世界の共通語として英語がありますが、すべての国の言語をマスターしなくても英語を学べば、様々な国の人と会話ができるようになり、交流の輪が広がり、自分の目線が変わるはずです。
しかし、言語には自分達の国で使っているものと違う難しさがあるのも事実です。
では、英語ではどんなことが難しいと感じているのかアンケートを取ってみました。
英語の勉強をしている人は必見です。

質問内容と結果は下記の通りです。

【質問】
英語で難しいと感じるものはなんですか?

【回答】
発音:30
ヒアリング:29
文法:14
読み書き:5
スピーキング:22

一番多かったのが、発音という回答のようです。意見の中にはこのような意見があります。

「英語の発音には日本語にない発音がいくつかあり、難しいから。」
「日本にはない舌の使い方ができないので、聞いてそのとおりの発音しても違う意味に取られたりするのでなかなか思うように発音ができない。」
「日本語にはない発音などもある為、発音がうまく聞き取れませんでした。」

回答者の意見で特に多かったのが、日本語にはない独特の発音が難しいと感じている人が多いようです。
独特の舌使いなど、特殊なものが多いようですね。

次いで多かったのが、僅差ながらヒアリングという回答のようです。意見の中には下記のような意見があります。

「外国人の英語はとにかく早くて聞き取れません。一ヶ所が分からないと、パニックになってその後も全部聞き取れなくなります。」
「ネイティブの発音は早かったり語尾が変化していたり省略されていたりすることがあるので難しいと思う。」
「ネイティブの英語はとても早口なので何を言っているのかまったくわかりません。」

回答者の意見を見てみると、ネイティブの発音は聞き取れないため会話ができなくなってしまうことが多いようです。
回答者の意見で一番多かったのが僅差ではありましたが、発音という意見が多いようです。
なかなか上手く発音ができないので、相手が分からなくなってしまい、会話にならにといったような意見があり、難しさが分かりますね。
次に多かったのがヒアリングという意見で、ネイティブの英会話は、早過ぎてなにを話しているのか分からないといった意見も多くあるようです。聞き取れないので会話もできずに終わってしまうような寂しいことにもなってしまうようです。
色々なポイントがありますが、日本語に慣れていると難しい部分もあるのかもしれないですね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年7月16日~7月20日
■有効回答数:100サンプル

【出典元記事:http://study-mall.com/?mode=f3