2015/2/24

疲労回復ストレッチでいつでも素敵女子!デスクワークなら首と肩、立ち仕事なら足腰をのばそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

座りっぱなしのデスクワーク、立ちっぱなしの立ち仕事、あなたはどちらのタイプですか?どちらの仕事でも一日の終わりには体の特定の部分が過労状態になっていて、全身のバランスが崩れた状態になっていることでしょう。肩コリや足のむくみ、腰痛にうなっている様子では、女子力オーラも半減かも。

いつでも素敵な姿勢を保ったキラキラ女子でいるために、ストレッチはあなどれない味方です。仕事の合間や休憩中にぜひ試してほしいストレッチ法をご紹介します。

デスクワークの首疲労と肩こりに

座っているだけでも体には色々な負担がかかるもの。デスクワークの悩みには、目や肩の疲れ、首筋のつっぱり、さらにはむくみなど、たくさん取り上げたい点がありますが、まずはお悩みNO.1の肩コリ解消ストレッチからご紹介しましょう。

まずは首を大きく後ろにそらして、首筋を柔らくしてあげましょう。肩の周りの筋肉をほぐすために、ゆっくり肩回しを両肩10回ずつ。そして片手を頭の後ろに回し、もう片方の手でひじを持って押し下げます。これだけでもずっと動いていなかった肩の筋肉がほぐれるのを実感できるはず。

さらに、背筋や肩甲骨まで伸ばしてリンパを流れやすくするストレッチも加えたら、上半身全体が軽くなるでしょう。手をまっすぐ上へ伸ばし、手のひらは外向きに。そのまま手のひらの位置を平行して保ちながら、手を下へ降ろしていきます。肩甲骨が寄る感じがあればOKです。

しかし要注意。ずっと動かしていなかった冷えた筋肉を突然動かすと肩がつることもありますし、場合によっては肉離れになるケースもあるようです。徐々に行うようにしてくださいね!

立ち仕事には土踏まずマッサージを

立ち仕事はたいていの場合、お客様の目がある場所で働くことが多いので、あまり大きな動きができないのがネック。つらいなと思っていても顔に出すことすらできないですよね。

そこで活用したいのが、カウンターさえあれば隠れてできちゃう土踏まずストレッチ!だるくなってきたふくらはぎも簡単に生き返ります。

方法はいたって簡単で、土踏まずを伸ばすだけ。何か10cmほどの台になるような物に、土踏まずから上を乗せて体重をかけます。土踏まずのツボを刺激しつつ、足の裏全体が伸びて、アキレス腱までほぐせるんです。簡単な割に効果はなかなか。ぜひトライしてみてくださいね。

休憩中にはしっかり足ツボマッサージをして足の裏をほぐしてあげましょう。立ち続けるのは腰にも負担がかかるので、机などの上に両手を組んで乗っけて、頭を手の上に置き、前にかがんで背筋から腰を伸ばすストレッチなどを行うと、全身を楽にすることができますよ。

毎日同じ姿勢でいるとその姿勢の癖が影響して、骨盤のゆがみやコリが取れにくくなるかもしれません。休日には整体やマッサージに行ってメンテナンスすることにして、普段から簡単にできる柔軟マッサージも心がけ、素敵に働いていきたいですね!