2015/2/25

ぽっちゃりって褒め言葉になるの?それともやっぱりダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にとって自分の体形はいつの時代でも気になるものです。周りから見れば少しも太っていないと感じるケースでも本人は常に体重を気にしていることもあります。また単に太っているとか、痩せているという身体的な特徴だけで一律に判断されるものなのでしょうか?そこで今回「ぽっちゃりと太っているの境界線は?」という内容でアンケートをとってみました。みんなはぽっちゃりと太っているの限界をどれぐらいだと考えているのでしょうか?またぽっちゃりと太っているで受ける印象は違うのでしょうか?その結果と理由を見てみましょう。

【質問】
ぽっちゃりと太っているの境界線は?

【回答数】
深田恭子:5人
水ト麻美アナ:33人
柳原可奈子:52人
渡辺直美:10人

ぽっちゃりはただ太っているだけじゃない!

今回「ぽっちゃりと太っているの境界線は?」というアンケートをとってみたところ、その境界を柳原可奈子さんと答えた人が最も多く、過半数を超える52人という結果になりました。

・水卜アナは普通だと思う。ぽっちゃりポイントは見た目で全体的に丸いこと。くびれなしがポイント
・柳原は可愛さもあってぽっちゃりかな。男は基本的に性的・生理的に受け付けるかどうかでぽっちゃりと『デブ』を線引きしている気がします
・かわいらしいくふっくらとした丸みを帯びていて、明るい人がぽっちゃりだと思う
・ぽっちゃりしていると言われる人は、基本的には太っていると思うのですが、太っていると形容されない理由は、明るく自分を太っているからと卑下することもなく、洋服やファッションに気をつけていると思います
・体型を見ると、やや太っている印象があるものの、不愉快にはならないのがぽっちゃりです

今回のアンケートで分かる点として、まずぽっちゃりは一応太っているという範囲の中に入るという印象を持っている人が多いことです。見た目に丸いとかふっくら丸みを帯びている、太っている印象があるなどの回答でそれがうかがえます。しかし柳原可奈子さんをぽっちゃりと太っているの境界と回答した人の中で多かった理由で印象的なのは「ぽっちゃり」が決して不愉快なイメージではなく明るい・かわいいという感じを受けているということです。

やっぱりぽっちゃりと太っているで印象は違うもの!

今回ぽっちゃりと太っているの境界として最も意見が多かったのは半数を超える柳原可奈子さんでしたが、それに続く3割程度の33人が水ト麻美アナを選んでいます。その次の4番目が10人の渡辺直美さん、そして5人が深田恭子さんという結果でした。

・全体的に見ていてかわいらしいと思える範囲がぽっちゃりだと思います
・ポッチャリはまだ既製服が入る。太っているのは専門店でしかかえない
・彼女自身かわいらしい人ですが、最近は太っている部類に入ると思います
・太っていてもかわいさや清潔感のある人はぽっちゃりさんで、ない人は太っている人だと思います
・標準体型内ならぽっちゃりでよいかと思います。体重測定のやや太めなら見た目はデブだと思います

柳原可奈子さんを選んだ人と似通った理由を挙げている人が多かったのですが、水ト麻美アナと答えた人に対してもぽっちゃりの場合は明るい・かわいいという印象を持っている人が多いようです。また太っているとなると普通サイズの洋服が着られなくなるという理由を挙げている人も複数見受けられました。
渡辺直美さんをぽっちゃりと太っているの境界と考える人の場合でも比較的同様の理由が挙げられ、どのレベルを境目と考えるかはその人の印象次第なのかもしれません。
深田恭子さんを選んだ人の場合は顔がちょっと丸く見えるや程よい肉づきなど、標準ギリギリ程度をぽっちゃりの限界と感じている様子が見て取れます。

ぽっちゃりも捨てたものではない!明るさや可愛らしさが魅力的!

今回「ぽっちゃりと太っているの境界線は?」という質問で最も多かった意見は柳原可奈子さんで、続く水ト麻美アナと合わせると2人で8割以上になります。体型的なバランスでどのくらいまでいくと太っていると感じるかは個人の感覚もあると考えらまれすが、概してぽっちゃりに対しては好印象のイメージを持っている様子が感じられます。テレビで見る2人の印象も影響を及ぼしているのかもしれませんが体型とマッチして魅力を発揮しているのかもしれません。健康面では心配があるかもしれませんが、決して自分を卑下しない明るさや可愛さがその人の個性をより引き出しているのでしょう。人に与える印象や魅力という点では参考にしたいものです。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年9月9日~9月15日
■有効回答数:100サンプル

【出典元記事:http://www.h-and-b.jp/diet/201411_03.html?aid=